エステとクリニックの違いについて詳しくご紹介

エステとクリニックの違い

脱毛にもいろいろな種類があり、レーザー脱毛は医療機関でないと施術できません。
脱毛エステと医療機関というのは、何が違うのでしょうか。

医療機関かどうかが大きな違い

そもそも、エステとクリニック(医療機関)というのは、意図するところが違います。
エステは、特に病気やケガをしているということではなく、トータル的に「美しくする」ために存在する場所であり、クリニックは、病気やケガなどの疾患を治療するためにある場所です。これは大きな違いがありますよね。

クリニックでは、病気やケガの治療を行うことができますが、エステでは治療行為を行うことはできません。
これは、施術中のトラブルの対処にもつながります。たとえば、クリニックで美容関連の施術を行っているときに、皮膚に何らかのトラブルが発生してしまったら、クリニックであれば、そのクリニックの範囲内で治療を行うことができるため、素早い対応をとれますが、エステでの施術中に何らかの皮膚トラブルが発生しても、その場で治療処置を行うことはできません。

医療機関でないエステでも安心な理由

エステは医療機関ではないという点で、トラブルに対する対処の面で心配がありますが、最近のエステでは、顧客が安心して施術を受けることができるように、皮膚科の病院と提携して、トラブル発生時には素早く提携の皮膚科で治療を受けることができるようにするなどの対処をしています。
ですから、エステでの施術についても、何ら心配することはありませんので、ご安心くださいね。