永久脱毛ってどういうこと?について詳しくご紹介

永久脱毛ってどういうこと?

永久脱毛とは、単語だけで考えると「永遠にムダ毛が生えてこない脱毛」ということになりますね。
でも、本当に永久にムダ毛が生えてこないかどうかは、何十年も経過してみないとわかりません。

そこで、ある脱毛機関では、「6ヶ月間ムダ毛が再生しなかった場合」に、永久脱毛の定義を当てはめることにしているようです。
脱毛サロンによっては、「2ヶ月間脱毛が再生しなかった場合」と定義しているところもあります。

ムダ毛処理では毛乳頭に働きかけるかどうかがポイント

自己処理や、エステサロンで除毛をした場合、除毛とはあくまで一時的なムダ毛処理となりますから、すぐにまた新たなムダ毛が出てきてしまいますね。
毛抜きで抜いたときも同じです。ムダ毛は、毛穴の奥にある毛乳頭から再生されるのですが、この毛乳頭に何らかのアプローチを起こさない限り、ムダ毛は再び生えてきます。

除毛や毛抜きでの脱毛、脱毛テープでの脱毛などは、毛乳頭にはなんの影響も与えていないので、またムダ毛が再生してしまうのです。
ですが、「永久脱毛」と呼ばれる脱毛は、何らかの形で毛乳頭に働きかけ、ムダ毛の再生ができないように処置をするため、ムダ毛が再生しないといわれています。

とはいえ、「永久脱毛」という言葉は正確ではないので、最近では永久脱毛という表現を行うことは禁止されていますが、わかりやすい表現なので、自己処理とそうでない脱毛処理を区別するときに、「永久脱毛」という言葉を使いがちです。
永久脱毛にはこのような定義があるのですね。